コンテンツ

水のトラブルでオムツを流してしまった時の改善方法

水のトラブルで起きやすいのは、誤って落としたオムツをトイレに流すことです。小さな子供が遊んでいて流してしまうことや、高齢者が誤って流すことがあります。オムツは排泄物を漏らさないようにするため、水などの吸収に優れています。使用前はサラサラの状態ですが、水分を吸収するとジェル状に膨らみ水が出ない構造になっています。水を吸収することでどんどんジェルが膨らみ、トイレが詰まる原因となるため、すぐに対処するのが望ましいです。この記事ではトイレにオムツを流してしまった時の改善方法を紹介します。排水管 水漏れの原因にもなりますので注意しましょう。

■トイレにオムツを落とした時の対応方法

トイレにオムツが落ちてしまった時は絶対に流してはいけません。オムツは水を吸収して膨らむものですので流すことはとても危険です。詰まりを起こすことで排水管 水漏れが起り、トイレの床などが浸水してしまうこともあります。落とした時点でゴム手袋などを使用し、すぐに拾うようにします。このように対処することで詰まってしまうのを防ぐことができます。小さな子供の場合は目を離さないことでこのような水のトラブルを防げます。

■オムツを流してした時の改善方法

オムツが落ちてしまったことに気づかず流してしまった時は、トイレのどこで詰まっているのかを確認します。便器の中に留まっているようであれば手で取ることができます。
この時にラバーカップなどを使用して詰まりを解消しようとしてはいけません。紙のように分解されて流れるものであればラバーカップで詰まりを直すことができますが、バラバラになりにくい素材のため、固まりのまま更に奥へと流れてしまう危険があります。排水管の奥へと流れてしまった場合は、業者に依頼してすぐに直してもらうようにしましょう。
トイレから見えない時は使用することはもちろん、水を流し続けてはいけません。排水管 水漏れになってしまうと便器に水が逆流し、溢れてしまいます。水を流すことで排水管の奥に行ってしまうこともあるため、便器を一度外して修理しなくてはいけないこともあります。

■まとめ
オムツをトイレに流してしまった時の対処法をご紹介しました。オムツをトイレに流してしまったら、目で見える時はすぐに取り除き、見えない時はすぐに業者へ連絡し修理を依頼しましょう。詰まっているのか分からない時は専用の道具を使って排水管の状態を確認してもらうこともできます。便器を取り外すようになってしまうと大規模な修理となってしまうため、簡単に直せるうちに修理するのがおすすめです。排水管 水漏れなどの水のトラブルにならないよう注意しながら作業をしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ