コンテンツ

水のトラブルで排水管 水漏れ症状とは

排水管 水漏れは水を使用している場所であればどこでも起こります。このような水のトラブルが起こってしまうと自分で直せるものもありますが、基本的に業者へ修理依頼をしなくてはいけません。すぐに水漏れに気づくことができれば対応することができますが、見えない場所での排水管 水漏れが起っていると気づかないこともあります。水道料金が上がっていたり、異臭がすると感じた時は水漏れの可能性があるので調べてみましょう。この記事では排水管 水漏れが起きた時の症状と、水のトラブルの対応方法を紹介します。

■排水管 水漏れが起きた時の症状とは

排水管は目に見える場所にあるものと、床の下など目に見えない場所にもあります。水漏れしている時の症状は排水管からポタポタと水が出ている状態です。最初は少量ですが放置することで大量に漏れてしまうようになります。
目に見えない場所での水漏れの症状は、壁や床などから水が流れるような音がすることです。ポタポタと流れ続けているような音がしている時は水漏れを疑った方がいいでしょう。また、シンクやお風呂で異臭などがした時も水漏れの可能性があります。漏れてしまった水が溜まり異臭が発生します。長期間臭いが気になるようであれば調べた方がいいでしょう。水漏れが起っているか調べたい時は、水道を使用していない状態で水道メーターを確認しましょう。メーターが動いている時はどこかで水が漏れている証拠になります。止水栓を使用しながら漏れている場所を調べていきましょう。

■排水管 水漏れの修理方法

水漏れする原因はいろいろありますが、部品などが劣化することで起こります。その場合は故障してしまった部品を交換することで直すことができます。ナットが緩んでしまったことで起こっている水漏れは閉めることで改善することができますが、強く締めすぎると部品を破損してしまうこともあるので注意しましょう。
それ以外の部品はサイズや種類などが沢山あるため自分で修理することはおすすめできません。知識がないのであれば最初から業者に依頼することで早く、安く直すことができます。地震などが発生すると配管などに歪みがでます。この歪んでしまった部分から排水管 水漏れが起ることもあるので、地震が起きた時は水のトラブルを確認することをおすすめします。

■まとめ
排水管 水漏れの症状や、修理方法をご紹介しました。簡単なものであれば自分で修理することも可能ですが、部品などを間違って購入したりしてしまうと時間もお金もかかるため、業者に任せることも検討してみましょう。無料で見積もりを貰える会社であれば修理前に費用や値段を知ることができるので、トラブルを避けることができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ